'戦国夏祭り' の第2 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。


エリア名敵将名イベントセリフ
宴の幕明き【壱】豊臣秀長戦闘前咲姫「夏祭り会場に到着じゃ!!ふむ、なにやら美味そうな匂いがするぞ!!」
戦闘開始豊臣秀長「姉ちゃんに利休ちゃんからのお茶を届けるんだ??もしかして飲みたい??」
戦闘時豊臣秀長「ただであげるのもなんだから、勝負に勝ったらあげるからねっ!!」
戦闘後(敵将)豊臣秀長「あ!!ごめんなさい、お茶冷めちゃうから後でねっ!!」
戦闘後咲姫「…これはひょっとしてうまい事はぐらかされたんじゃないかの??許せん奴じゃ!!」
宴の幕明き【弐】豊臣秀長戦闘前みの吉「りんご飴とかお団子とか一杯です!!あっちには何か…おわぁっ!!」
戦闘開始豊臣秀長「痛っ…ああっ折角の利休ちゃんのお茶がこぼれてしまいましたぁ……」
戦闘時豊臣秀長「むぅ……ちょっと懲らしめてから姉さんの前で謝ってもらうからね。」
戦闘後(敵将)豊臣秀長「そろそろ行かないと本格的に怒られちゃう……またね!!」
戦闘後みの吉「うぅ……私、お茶をぶっかけられてずっと放置されてたんですけどいいんですか…」
宴の幕明き【参】豊臣秀長戦闘前咲姫「みの吉を乾かしてたらお茶飲みたくなったの…と、話していたら!!」
戦闘開始豊臣秀長「あら、さっきの……あ、残ったお茶有りますけど……飲みますぅ??」
戦闘時豊臣秀長「実はもう帰るんだ、姉ちゃんが忙しいからって…だから、楽しませて!!」
戦闘後(敵将)豊臣秀長「うん、結構楽しかったよ!!じゃあ、それ飲んでいいからっ!!」
戦闘後咲姫「ふぅ、仕事のあとはお茶がうま…って、中身入ってないじゃないか!!あやつめ!!」
宴の幕明き【四】果心居士戦闘前みの吉「姫さま、手品で助手を募っていますよ!!あ、姫さまが呼ばれました!!」
戦闘開始果心居士「はぁい、それじゃあ、消しまぁす…どじゃーん、消えましたぁ。」
戦闘時果心居士「姫さまぁ??出さなきゃダメぇ??めんどうくさぁいなぁ…」
戦闘後(敵将)果心居士「ふぅ、なぁんかつかれたから、きゅうけい入りまぁす…」
戦闘後みの吉「き、消えましたよ!!あの人凄いです!!凄いですけど…ひ、姫さまは何処に…」
宴の幕明き【五】果心居士戦闘前咲姫「あ、あの奇妙な奴のせいで酷い目にあったのじゃ…次に見かけたら…」
戦闘開始果心居士「はぁい、皆さん、ちゅうもくぅ…そこの人を消しまぁす…どじゃーん。」
戦闘時果心居士「もうつかれたぁ…かえろっかなぁ…」
戦闘後(敵将)果心居士「じゃあ、かえりまぁっす…また来るかもしれないけどぉ。」
戦闘後みの吉「(咲姫が泣き叫んでいますが何処にいるのかさっぱりで誰にも聞こえません。)」
宴の幕明き【六】果心居士戦闘前みの吉「姫さま、大丈夫ですか??今度、あの人が出てきたら私がやってやるです!!」
戦闘開始果心居士「はぁい、次はそこの人のみのを消しまぁす…どじゃーん…消えました。」
戦闘時果心居士「そろそろ、手品も終わりぃ…つかれちゃったしぃ…」
戦闘後(敵将)果心居士「それではみなさぁん、ごぉきげぇんよぉ…」
戦闘後みの吉「み、みのが無い私なんてただの吉ですよ…姫さま、笑ってないで助けてください…」


エリア名敵将名イベントセリフ
飲めや歌えや【壱】京極高次戦闘前咲姫「祭りも盛り上がって楽しいのぅ、おぉ、焼き魚の屋台が出てるの!!」
戦闘開始京極高次「うむ、鯖を焼いているぞ。食べるか??だが、タダでは売らんぞ。」
戦闘時京極高次「なかなかやる…が、私もただの七光りの輩とは違うのだ。」
戦闘後(敵将)京極高次「よし、一匹持っ…すまぬが妹に呼ばれたので店の番を頼む。」
戦闘後咲姫「ちょ、ちょっと待つのじゃ!!行ってしまったか…みの吉、後は頼んだぞ。」
飲めや歌えや【弐】京極高次戦闘前みの吉「私に魚を焼くなんて荷が重すぎます…焼けておにぎり位ですよ…」
戦闘開始京極高次「待たせてすまぬな…って、焼き過ぎてるじゃないか!!鯖を舐めるな!!」
戦闘時京極高次「美味しい鯖を無駄にした罪は万死に値するぞ!!」
戦闘後(敵将)京極高次「まぁ、許してやるか…すまぬが、妻に呼ばれたので店番を頼む。」
戦闘後みの吉「あうぅ…また、店番ですか…姫さま、お魚焼くの手伝ってくださいよ…」
飲めや歌えや【参】京極高次戦闘前咲姫「わしが見ているだけあってみの吉もせっせと鯖を焼いておるのぉ」
戦闘開始京極高次「今、戻ったぞ。ふむ、火加減が足りぬか…そのみのを借りるぞ。」
戦闘時京極高次「何を怒っているか知らぬが…蓑はよく燃えて良い火になるぞ??」
戦闘後(敵将)京極高次「おお、売り切れたようだな、では店じまいとするか。」
戦闘後咲姫「みのを燃やされたみの吉…わしは一体何と呼べば良いのかのぉ…」
飲めや歌えや【四】赤尾清綱戦闘前みの吉「姫さま、武芸者っぽい人が大道芸してますよ、こりゃ見るしかないです。」
戦闘開始赤尾清綱「さぁ、見てってくれよ!!俺がこの刀でそこの人を斬る芸をみせるぜ!!」
戦闘時赤尾清綱「おいおい、動くなって!!首と胴が泣き別れちまうからさっ!!」
戦闘後(敵将)赤尾清綱「あんまり上手くいかなかったなぁ??オレの腕もまだまだだな。」
戦闘後みの吉「わ、私も斬られればしんじゃいますよ…生きててよかったです、ううっ……」
飲めや歌えや【五】赤尾清綱戦闘前咲姫「ふむ、みの吉を酷い目に合わせた武芸者が大道芸を続けておるのぉ…」
戦闘開始赤尾清綱「大丈夫、オレは案外やれるって!!じゃ、そこの姫さんで試し斬ってみるか!!」
戦闘時赤尾清綱「痛くはしないから大丈夫だって!!信頼十分!!ほら、動くなっ!!」
戦闘後(敵将)赤尾清綱「こりゃあ、失敗って奴か??なぁ…あ、お客さん……参ったなぁ。」
戦闘後咲姫「ま、参ったのはこっちの方じゃ…逃げ回るのにどれだけの体力を…もう駄目じゃ…」
飲めや歌えや【六】赤尾清綱 戦闘前みの吉「う…さっきの武芸者ですよ…どうみても本職って感じじゃないですよ。」 
戦闘開始赤尾清綱「実は主家の為のバイトなんだけど…なぁに、オレは器用にこなすって!!」
戦闘時赤尾清綱「刀の扱いは慣れてるんだぜ??ほら、一刀両断!!って具合かな!?」 
戦闘後(敵将)赤尾清綱「ほら!!見事にみのだけを一刀両断!!やればできるもんだな!?」 
戦闘後みの吉「みのが一刀両断ですよ!!どうしてくれやがりますか!!替えのみのも残り僅かです!!」 


エリア名敵将名イベントセリフ
踊らにゃ損々【壱】大友宗麟 戦闘前みの吉「姫さま、宴会をやっているみたいですよ、のぞいてみましょうよ!!」 
戦闘開始大友宗麟「お客様ですか??大友家はお客様を持て成します…さ、まずは一献どうぞ。」
戦闘時大友宗麟「さぁ、遠慮なさらず…私の国元より取り寄せたお酒ですから…」 
戦闘後(敵将)大友宗麟「ふふっ、楽しいものですね…さぁ、宴を続けましょう」 
戦闘後みの吉「どうなるかと思いましたけど良い人ですね、みの吉はご馳走を食べまくりです!!」 
踊らにゃ損々【弐】大友宗麟戦闘前咲姫「大友宗麟に誘われての宴会が続いておるぞ!!負けじと飲むのじゃ!!」
戦闘開始大友宗麟「ふふっ、気持ちの良い呑みっぷりですね…もっと呑みましょう!!」
戦闘時大友宗麟「楽しいお酒は…私も大好きですよ…ふふっ…ふふっ…」
戦闘後(敵将)大友宗麟「あら、お酒が足りませんね。今、追加を用意させますね。ふふっ…」
戦闘後咲姫「それにしても、この宗麟は良く飲むのぉ…所でこの椎茸美味いの。おかわりをくれ!!」
踊らにゃ損々【参】大友宗麟戦闘前みの吉「大友家の宴会に参加していますよ。私も野草以外のご飯久しぶりです!!」
戦闘開始大友宗麟「ふふふっ、今日のぉ、お酒は良い具合ですよねぇ…もっと呑むのですぅ。」
戦闘時大友宗麟「みんなにぃ負けないように私もぉ飲むんですよぉ…ヒック…ふふふっ…」
戦闘後(敵将)大友宗麟「もっと呑むぞぉ…さぁ、もっと準備するのぉ…」
戦闘後みの吉「あの…ちょっと飲み過ぎのような…大丈夫ですか、この人…私はご飯おかわりです!!」
踊らにゃ損々【四】大友宗麟戦闘前咲姫「どうにも呑み過ぎな気がするが…大友家の宴会も良い具合じゃな!!」
戦闘開始大友宗麟「呑むぞぉ!!今日は徹ぇっ底的にぃ!!飲んじゃうんだからぁねぇっ!!」
戦闘時大友宗麟「今日はぁ幾らぁ呑んでもぉ大丈夫だし、ほらほら…ふふ…へへ…」
戦闘後(敵将)大友宗麟「へへ…酒樽が空…空じゃないかぁ…追加ぁ、酒樽追加ぁ…」
戦闘後咲姫「九州の人は酒が強いと聞いておるが…なんか猛烈に嫌な予感がするのぉ、これは…」
踊らにゃ損々【五】大友宗麟戦闘前みの吉「私、本当に嫌な予感がしますが、まだ大友家の宴会中ですよ…」
戦闘開始大友宗麟「へへへ…呑めぇっ!!こうなったらぁじゃんじゃん呑めぇ呑めぇっ!!」
戦闘時大友宗麟「呑むぞ…呑むぞぉ…へへ…ヘヘ…ヒック…」
戦闘後(敵将)大友宗麟「呑…うっぷ…私、ちょっと、気分が…」
戦闘後みの吉「ううっ、予想通りですよ…姫さま、ちょっと洗ってきます…」
踊らにゃ損々【六】大友宗麟戦闘前咲姫「大友家の宴会中なのじゃが…終わる気配が全くないのじゃ…」
戦闘開始大友宗麟「気分もぉ良くなってきたので、まだまだ呑むぞぉっ!!」
戦闘時大友宗麟「呑んでたらぁ暑くなったからぁ脱いじゃおうかなぁっ…ヒック…」
戦闘後(敵将)大友宗麟「では、脱ぎ…あ、いや…その…ごめんなさい…ほ、本当に…ご…」
戦闘後咲姫「も、物凄く怖そうな女性が宗麟を連れ去ったのじゃ…何が起きたんじゃろうか??」


エリア名敵将名イベントセリフ
花火だワッショイ♪【壱】今川義元戦闘前咲姫「夜も更けてきたのぉ…おや??あの子は…迷子のようじゃが…」
戦闘開始今川義元「あちきに何か用でありんすか…捕まりたくないんわぁ…」
戦闘時今川義元「あちきはもっと楽しみたいのやわぁ…だから、堪忍なぁ。」
戦闘後(敵将)今川義元「ここは逃げるでありんす…」
戦闘後咲姫「い、いきなりだったから驚いたの…何やら訳ありって感じじゃったが…ふむ…」
花火だワッショイ♪【弐】今川義元戦闘前みの吉「あっ、さっきの迷子ですよ。ちょっと近づいてみましょうか…」
戦闘開始今川義元「嫌やわ…捕まりたくないんやわぁ…」
戦闘時今川義元「お祭りを楽しみたいんやわ…堪忍してぇな…」
戦闘後(敵将)今川義元「負けてしまったの…逃げるでありんす。」
戦闘後みの吉「ま、待って下さいよぉ!!あ、あの子物凄く足早いです…ちょっと探してみましょう」
花火だワッショイ♪【参】今川義元戦闘前咲姫「むむっ、さっきの迷子が焼きそばを食べておるの…屋台の定番じゃな!!」
戦闘開始今川義元「あっ…あちきは別に焼きそばなんて食べてないのでありんす…」
戦闘時今川義元「とってもとってもおいしかったなんて事は無いのでありんす…」
戦闘後(敵将)今川義元「…えいっ!!これで…にげるのじゃ…」
戦闘後咲姫「また逃げたか…所でみの吉、焼きそばの残りを頭にかけられたが大丈夫かの??」
花火だワッショイ♪【四】今川義元戦闘前みの吉「金魚すくいの屋台前にあの子がいましたよ!!私もお腹すいたです!!」
戦闘開始今川義元「き、金魚すくい勝負するのでありんす…」
戦闘時今川義元「あちきの方がもっと上手くすくえるのでありんす…」
戦闘後(敵将)今川義元「金魚すくえなかったでありんす…」
戦闘後みの吉「金魚すくい勝ちました!!これ、食べていいんですよね…食べられないんですか…」
花火だワッショイ♪【五】今川義元戦闘前咲姫「あの屋台、矢を当てるとぬいぐるみ貰えるようじゃ!!む、あの子…」
戦闘開始今川義元「弓であちきが負けるなんてありえないのでありんす…」
戦闘時今川義元「あちきは海道一の弓取りでありんす…」
戦闘後(敵将)今川義元「くすん…あちきが…くすん…」
戦闘後咲姫「あ、おい、待つのじゃ…何か罪悪感を感じるのぅ…じゃが、勝負は非情じゃからの!!」
踊花火だワッショイ♪【六】今川義元戦闘前みの吉「踊りが始まったようですよ…あの子が踊ってますけど上手いです!!」
戦闘開始今川義元「踊りであちきが後れをとる事なんてありえないでありんす…」
戦闘時今川義元「今川家の踊りは優雅でありんすよ…」
戦闘後(敵将)今川義元「あ…家臣に見つかったのじゃ…おぬしら楽しかったぞ…」
戦闘後咲姫「ふむ、名のある家の子だったようじゃな…さて、わしらもそろそろ帰るかの!!」

タイムスタンプを変更しない

テキスト整形のルール

通常は入力した文章がそのまま出力されます。

これに加えて、特定のルールによるテキスト整形を行うことができます。以下では、プラグインについてはよく使われるものだけを簡略に説明しています。プラグインのオプションなど詳細な説明については PukiWiki/1.4/Manual/Plugin を参照してください。



ブロック要素

段落

インライン要素

他のブロック要素を明示しない限り、段落となります。

~ インライン要素

行頭で ~ を指定した場合も段落になります。行頭書式の文字(~、-、+、:、>、|、#、//)を通常の文字として段落の先頭に書きたい場合は、行頭に~を記述して書くことができます。

引用文

> インライン要素

行頭で > を指定すると、引用文になります。引用文は >、>>、>>> の3レベルあります。

リスト構造

- インライン要素

行頭で - を指定すると、番号なしリストになります。番号なしリストは -、--、--- の3レベルあります。

+ インライン要素

行頭で + を指定すると、番号付きリストになります。番号付きリストは +、++、+++ の3レベルあります。

: 定義語 | 説明文

行頭を : で始め、| 記号で区切ると、定義リストになります。定義リストは :、::、::: の3段階あります。定義リストの定義語、説明文は省略することができます。複数の連続した定義リストを記述し、2つ目以降の定義語を省略することで1つの定義語に対する複数の説明文を記述することができます。

整形済みテキスト

行頭が半角空白で始まる行は整形済みテキストとなります。行の自動折り返しは行なわれません。

表組み

| インライン要素 | インライン要素 |

行頭から | でインライン要素を区切ることで表組みになります。

CSV形式の表組み

,データ,データ,…

行頭でカンマ(,)を記述し、インライン要素をカンマ区切りで記述すると表組みになります。

見出し

* インライン要素

行頭で * を記述すると、見出しになります。見出しは *、**、*** の3段階あります。

目次

#contents

行頭で #contents を記述すると、見出しに基づいて目次を作成します。一般的に #contents はページの最初のほうに記述します。

左寄せ・センタリング・右寄せ

LEFT:インライン要素
CENTER:インライン要素
RIGHT:インライン要素

行頭で LEFT:、 CENTER:、 RIGHT: を記述すると、インライン要素が左寄せ、センタリング、右寄せされます。

水平線

---------------------------------------------

行頭で4つ以上の - を書くと水平線になります。

#hr

行頭で #hr を記述すると、区切り線になります。区切り線は上位のブロック要素の幅の60%の長さの水平線がセンタリングされて引かれます。

行間開け

#br

行頭で #br を記述すると、ブロック要素間またはブロック要素内で行間を開けることができます*2

添付ファイル・画像の貼り付け

#ref(添付ファイル名)
#ref(ファイルのURL)

行頭で #ref を記述すると、添付ファイルまたは指定されたURLにあるファイルへのリンクを貼り付けることができます。ファイルが画像ファイルの場合は、その画像を表示します。

テキストの回り込みの解除

#clear

行頭で #clear を記述すると、 #ref で指定したテキストの回り込みを解除します。 #clear を指定しなくても、記事の末尾でテキストの回り込みが自動的に解除されます。

フォーム

#comment

行頭で #comment を記述すると、コメントを挿入するためのフォームが埋め込まれます。

#pcomment

行頭で #pcomment を記述すると、コメントを挿入するためのフォームが埋め込まれます。 #comment とは異なり、コメントは別ページに記録されます。また、コメントに対するレスポンスを階層状に表示します。

#article

行頭で#articleを記述すると、簡易掲示板のフォームが埋め込まれます。

#vote(選択肢1,選択肢2,...)

行頭で #vote を記述すると、簡易投票フォームが埋め込まれます。

インライン要素

文字列

文字列

文字列はインライン要素です。

改行

インライン要素~

行末に~を書くと行末改行になります。行末改行はブロック要素内での改行になります。

&br;

行中に &br; を書くと、そこで改行されます。行末の ~ と違い、定義リストの定義語や表組の要素、# で始まるブロック要素のパラメタの中でも使用できます。

強調・斜体

''インライン要素''

行中のインライン要素を '' ではさむと、インライン要素が 強調表示 になります。

'''インライン要素'''

行中のインライン要素を ''' ではさむと、インライン要素が 斜体表示 になります。

文字サイズ

&size(サイズ){インライン要素};

行中に &size を書くとインライン要素の文字サイズを指定することができます。サイズはピクセル単位(px)で指定します。例えば20を指定すると、20ピクセルの文字の大きさになります。

文字色

&color(文字色,背景色){インライン要素};

行中に &color と書くとインライン要素の文字色背景色を指定することができます。背景色は省略できます。

取消線

%%インライン要素%%

行中のインライン要素を%%ではさむと、インライン要素に取消線が付きます。

注釈

((インライン要素))

行中でインライン要素を (( と )) ではさむと、注釈*3が作成され、行中に注釈へのリンクが貼られます。

添付ファイル・画像の貼り付け

&ref(添付ファイル名);
&ref(ファイルのURL);

行中で &ref を記述すると、添付ファイルまたは指定されたURLにあるファイルへのリンクを貼り付けることができます。ファイルが画像ファイルの場合は、その画像を表示します。

ルビ構造

&ruby(ルビ){インライン要素};

行中で &ruby を書くとインライン要素に対するルビをふることができます。ルビに対応していないブラウザではルビが本文中に ( と ) に囲まれて表示されます。

アンカーの設定

&aname(アンカー名);
&aname(アンカー名){インライン要素};

行中で &aname を記述するとリンクのアンカーを設定することができます。リンクの飛び先にしたい位置に記述します。

カウンタ表示

&counter;
&counter(オプション);

行中で &counter を記述するとそのページにアクセスした人の数を表示することができます。

オンライン表示

&online;

行中で &online を記述すると現在アクセス中の人数を表示することができます。

バージョン表示

&version;

行中で &version を記述するとPukiWikiのバージョンを表示することができます。

WikiName

WikiName

行中で、1つ以上の大文字→1つ以上の小文字→1つ以上の大文字→1つ以上の小文字の組合わせからなる半角//文字列はWikiNameになります。

ページ名

[[ぷきうぃき]]

行中で [[ と ]] で囲まれた文字列はページ名になります。

[[ページ名#アンカー名]]

InterWiki

[[InterWikiName:ページ名]]

行中のページ名形式の文字列の中で、: で2つの文字列を区切るとInterWikiになります。:の前にはInterWikiNameのページで定義したInterWikiNameを、: の後ろにはページ名を記述します。

[[InterWikiName:ページ名#アンカー名]]

リンク

[[リンク名:URL]]

行中のInterWikiNameの形式の文字列の中で、: の前に任意のリンク名を、: の後ろにURLを記述すると、そのリンク名でURLに対するリンクを貼ることができます。

http://www.example.com/
https://www.example.com/
ftp://ftp.example.com/
news://news.example.com/
foo@example.com

エイリアス

[[エイリアス名>ページ名]]

行中のページ名形式の文字列の中で、> で2つの文字列を区切るとエイリアスになります。 > の前にはエイリアス名を、> の後ろにはページ名を記述します。

エイリアスはPukiWiki内のページ名とは別のエイリアス名で、指定したページへのリンクを貼ります。

[[エイリアス名>ページ名#アンカー名]]
[[エイリアス名>#アンカー名]]
[[エイリアス名>http://www.example.com/]]
[[エイリアス名>https://www.example.com/]]
[[エイリアス名>ftp://ftp.example.com/]]
[[エイリアス名>news://news.example.com/]]
[[エイリアス名>foo@example.com]]
[[エイリアス名>InterWikiName:ページ名]]
[[エイリアス名>InterWikiName:ページ名#アンカー名]]
[[エイリアス名:http://www.example.com/]]
[[エイリアス名:https://www.example.com/]]
[[エイリアス名:ftp://ftp.example.com/]]
[[エイリアス名:news://news.example.com/]]
[[エイリアス名:foo@example.com]]

タブコード

&t;

行中で &t; と書くと、タブコードに置換されます。

通常、フォーム内ではキーボードからタブコードを直接入力できない*4ので、タブコードを入力したい位置に&t;を記述すると、保存時にタブコードに置換します。

ページ名置換文字

&page;
&fpage;

行中で &page; 及び &fpage; と書くと、編集中のページ名に置換されます。ページ名が階層化されたページで「hogehoge/hoge」となっている場合、 &page; は「hoge」に、 &fpage; は「hogehoge/hoge」に置換されます。階層化されていないページでは、 &page; も &fpage; も同じになります。

日時置換文字

&date;
&time;
&now;
date?
time?
now?
&_date;
&_time;
&_now;
&lastmod;
&lastmod(ページ名);

文字参照文字

文字参照は、SGMLで定義されている文字参照文字(©や®など)のほか、下記の独自の文字参照文字が使用できます。

&heart;
⌣
&bigsmile;
&huh;
&oh;
&wink;
&sad;
&worried;

数値参照文字

&#10進数;
&#x16進数;

行中で &# と ; の間に10進数を、&#x と ;の間に16進数を書くと、Unicodeを数値参照して表示します。キーボードから直接入力できない文字やJIS第3水準・第4水準の文字などの表示に使用します。たとえば、内田百閒と入力すると、内田百閒と表示されます。

その他

コメント行

// コメント

行頭で // を指定すると、コメント行になります。コメント行は出力されない行です。


*1 インライン要素となるプラグインやユーザ定義とは異なり、ブロック要素となるプラグインでは終端に;を付加する必要はありません。プラグインによっては正常に動作しなくなる場合があります。
*2 #brをブロック要素の直後の空行の次に指定すればブロック要素間の行間、ブロック要素の直後に指定すればそのブロック要素内での行間を開けることになります。#brは、行末改行と違って、次の行の行頭書式を無効にはしません
*3 注釈のサンプル
*4 クリップボードからの貼り付けの場合はタブコードを直接入力できます。