'沈む朝日を取り戻せ!!' の第4 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

1周目
左上右上
徳川家康
「このような大事になるとは……俺のせいなのか……??」
豊臣秀吉
「朝日、なかなかやるよね!!さすがはこの秀吉の妹だね!!」
ねね
「朝日って意外と大胆なのね!!知らなかったよ」
真中
徳川秀忠
「朝起きたらいなくなっていたんだ。本当は起きたのは昼なんだが……」
榊原康政
「ったく、面倒なことになっちまったなぁ……」
服部半蔵
「家康様を困らせる者は、たとえ妻であっても……」
左下右下
織田信雄
「ん、朝日がいなくなった??それがどうかしたのか??」
浅野長政
「あら、この間送り出したばかりじゃなかったでしたっけ??」
酒井忠次
「朝日がいないよぴっぴっぴっ♪」


2周目
左上右上
徳川家康
「朝日のこと、心配しているぞ。本当に……」
豊臣秀吉
「朝日は永遠に戻ってこないかも。むふふ……」
ねね
「う~ん、どこにいるんだろうね……」
真中
徳川秀忠
「朝日様を見つけられなかったらお母様に……ゾゾ-!!」
榊原康政
「まぁ焦んなって。焦ってもいいことないぞ」
服部半蔵
「忍の目を欺くことはできません。必ずや……!!」
左下右下
織田信雄
「わたしは関係ない……というわけにもいかないのか……」
浅野長政
「わたしは少し気持ちがわかります……と言ったら不謹慎でしょうか」
酒井忠次
「捜索行列のおな~り~!!ぴっぴ、ぴっぴ♪」


3周目
左上右上
徳川家康
「朝日を見つけた者には、何でも望む褒美を与える!!」
豊臣秀吉
「私は見つけたよ。さぁて、どこにいるのかな??」
ねね
「見つかっても見つからなくても、朝日が幸せになってくれればいいかな」
真中
徳川秀忠
「朝日様-!!お願いだから出てきてくれ-!!」
榊原康政
「う~ん、待ってりゃそのうち帰ってくるんじゃないか??」
服部半蔵
「探します(このまま朝日が出てこなかったら、私が代わりに家康様の……)」
左下右下
織田信雄
「もう探すのやめていいか??疲れたんだが??」
浅野長政
「嫌いなものは仕方ないですよね。実際……」
酒井忠次
「かくなるうえは……えびに聞くか!!」



タイムスタンプを変更しない