'第八次セキガハラ大決戦' の第3 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

拠点の種類

10か所ある拠点には、それぞれ特徴をもった4種類の拠点があるようじゃ。
拠点によって獲得できるポイントも変わるようじゃから要チェックじゃぞ!

1)平地[ヘイチ]
特殊効果:なし
ホールド時間:4分
占領P:2   (神風:4   濃霧:3 豪雨:5)
奪取P:400 (神風:600 濃霧:600 強風:800)
拠点P:2000(神風:3000)

2)高台[タカダイ]
特殊効果:高台にいるプレイヤーに対する弓矢の効果が半減する。
ホールド時間:3分
占領P:1   (神風:2    濃霧:2 豪雨:3)
奪取P:600 (神風:1200 濃霧:900 強風:1000)
拠点P:2000(神風:2500)

3)泥沼[ドロヌマ]
特殊効果:泥沼にいるプレイヤーの防御力が20%減少する。
ホールド時間:1分
占領P:5   (神風:8   濃霧:10 豪雨:16)
奪取P:300 (神風:400 濃霧:600 強風:400)
拠点P:3000(神風:4000)

4)祠[ホコラ]
特殊効果:祠にいるプレイヤーの知力が30%増加する。
ホールド時間:2分
占領P:3   (神風:10  濃霧:5 豪雨:7)
奪取P:800 (神風:900 濃霧:1200 強風:900)
拠点P:2500(神風:3500)

拠点奪取時の最低保障取得ポイント

拠点をバトルで勝利して奪取した際、奪取Pとホールド時間の占領Pが保障される。(奪取P+占領P×ホールド時間×60)

  • 勝利奪取時のの最低保障取得ポイント
    • 1)平地(ホールド時間:4分間)
      • 快晴:(400+2×4×60)=880
      • 強風:(800+2×4×60)=1280
      • 豪雨:(400+5×4×60)=1600
      • 濃霧:(600+3×4×60)=1320
      • 神風:(600+4×4×60)=1380
  • 2)高台(ホールド時間:3分間)
    • 快晴:(600+1×3×60)=780
    • 強風:(1000+1×3×60)=1180
    • 豪雨:(600+3×3×60)=1140
    • 濃霧:(900+2×3×60)=1260
    • 神風:(1200+2×3×60)=1560
  • 3)泥沼(ホールド時間:1分間)
    • 快晴:(300+5×1×60)=600
    • 強風:(400+5×1×60)=700
    • 豪雨:(300+16×1×60)=1260
    • 濃霧:(600+10×1×60)=1200
    • 神風:(400+8×1×60)=880
  • 4)祠(ホールド時間:2分間)
    • 快晴:(800+3×2×60)=1160
    • 強風:(900+3×2×60)=1260
    • 豪雨:(800+7×2×60)=1640
    • 濃霧:(1200+5×2×60)=1800
    • 神風:(900+10×2×60)=2100

上記より、大抵の場合、祠が一番ポイントを取得出来る。しかし、奪い合う回数に自信があるならホールド時間が短い泥沼を優先。自信がない、参加メンバーが少ない場合は点差をあまり広げないようにホールド時間が長い平地を優先し、味方の援軍に期待した戦い方をした方が良い。天気の変更や状況にもよるが奪取する基本優先順位は祠≧沼≧平地>高台と思って良い。

無人の拠点を奪取ポイントについて

ギルドメンバー数が占領拠点の数より少ない場合、無人拠点でホールド状態になる。無人の拠点を奪取した場合、本来の奪取Pの半分とホールド時間が1分になる。

  • 1)平地(ホールド時間:4分間)
    • 快晴:(200+2×1×60)=320  勝利と無人の差:560
    • 強風:(400+2×1×60)=460  勝利と無人の差:820
    • 豪雨:(200+5×1×60)=500  勝利と無人の差:1100
    • 濃霧:(300+3×1×60)=480  勝利と無人の差:840
    • 神風:(300+4×1×60)=540  勝利と無人の差:840
  • 2)高台(ホールド時間:3分間)
    • 快晴:(300+1×1×60)=360  勝利と無人の差:360
    • 強風:(500+1×1×60)=560  勝利と無人の差:620
    • 豪雨:(300+3×1×60)=480  勝利と無人の差:660
    • 濃霧:(450+2×1×60)=570  勝利と無人の差:690
    • 神風:(600+2×1×60)=720  勝利と無人の差:840
  • 3)泥沼(ホールド時間:1分間)
    • 快晴:(150+5×1×60)=450   勝利と無人の差:150
    • 強風:(200+5×1×60)=500   勝利と無人の差:200
    • 豪雨:(150+16×1×60)=1110 勝利と無人の差:150
    • 濃霧:(300+10×1×60)=900  勝利と無人の差:300
    • 神風:(200+8×1×60)=680   勝利と無人の差:200
  • 4)祠(ホールド時間:2分間)
    • 快晴:(400+3×1×60)=580   勝利と無人の差:580
    • 強風:(450+3×1×60)=630   勝利と無人の差:630
    • 豪雨:(400+7×1×60)=820   勝利と無人の差:820
    • 濃霧:(600+5×1×60)=900   勝利と無人の差:900
    • 神風:(450+10×1×60)=1050 勝利と無人の差:1050

上記より『ギルドメンバーが占領拠点数より少ないギルド』と拠点の取り合いしていると無人拠点奪取の方が奪取ポイントとホールド時間が少なくなり、取得ポイントが少なくなる。『ギルドメンバーが占領拠点数より少ないギルド』がホールド時間を利用し拠点の移動と帰還を繰り返し攻撃されないようにされると何も考えずに拠点を奪い合うと差が一方的に開いてしまう。『ギルドメンバーが占領拠点数より少ないギルド』が圧倒的有利になる。
『ギルドメンバーが占領拠点数より少ないギルド』と戦う時は奪うより守る方が重要となるが、相手ギルドの全快状態の最大攻撃力プレイヤーの攻撃を防ぐ事が出来るギルドメンバーが最低でも6名いないと勝利する事は相手がミスをしない限り不可能なので剣術書と愛情度が欲しい人以外は早く諦めた方が無難である。(MVPは戦闘勝利数が多いプレイヤーなり、奪取は勝利数に入らないため、MVPになることはない。)
攻撃を防ぐ事が出来るメンバーが6名以上いる場合、奪取半減しか差が広がらない泥沼、占領Pが低い高台を奪い合うのが理想である。天候が60分快晴だとしたら、60分間、祠と平地を守り、奪い合うと試合終了時、7200差(奪取と占領Pのみの計算)でまだ優勢の状態であるが、点差が一番少ない快晴状態なので天候や最後に拠点を取られれば負けてしまう。ホールド時間が1分なので山崩しゲームの要領で「試合時間-許容放置時間-本来のホールド時間」に拠点が占領しやすくなるのでその時間帯になったら、支援等を使用して何度か取られないようにし、最後に拠点を取れるようにすれば勝機が見えるが祠と平地を守り切る事が大前提で勝つ事はかなり難しいので相手が回復アイテムを惜しまないのであれば、諦めるのが得策だと思われる。


タイムスタンプを変更しない