'咲姫の夢幻大迷宮11' の第14 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

会話内容
鍋島直茂「ちょっと寒いくらいで逃げてくるなんて……なんじゃくですね!!」
鍋島直茂「ここキュウシュウではそんな軟弱な根性の武将なんていません!!そうですよね!!」
龍造寺隆信「うう……寒ぃ……今回はぱす……」
鍋島直茂「ぱすってなんですか!!こんなに暖かいのに!!」
細川忠興「長政……なんか雰囲気くらくない??もっと笑ったら??」
黒田長政「そうかな……忠興も人の事言えないと思うけど……」
細川忠興「それに目つきも暗い……何考えてるのかわからない感じ……」
黒田長政「あなたにだけは言われたくないし……」
龍造寺隆信「キュウシュウでも冬は寒ぃだろ……外になんか出たくねぇよ」
鍋島直茂「なんて軟弱な!!宗麟さんも何か言ってあげてください!!」
大友宗麟「お酒を飲むと体が暖かくなって良い感じですよ??」
鍋島直茂「うちの隆信さまにこれ以上ダメなことを吹き込まないでください!!」
後藤又兵衛「さあ、しろを持ったからには籠城の支度は十分にしましょう」
黒田長政「そうね……だからって近くによりすぎじゃない??」
後藤又兵衛「しろっていいものですね。乱世の荒波を避け絆をはぐくむ、いわば愛の巣です」
黒田長政「何かが根本的に違う気がする……」
ザビエル「ここは立花宗茂さんのしろでス。きっと立派な感じでス!!」
立花宗茂「いらっしゃい!!良いところに来たね!!」
立花宗茂「これから海で寒中水泳にいくんだよ!!一緒に行くよね!?」
ザビエル「遠慮いたしまス!!」
ザビエル「ここは立花道雪さんのしろでス。きっと立派な感じでス!!」
立花道雪「よく来たな。寒かったろう。火にあたっていくと良い」
立花道雪「もっともうちのは火というより雷だが」
ザビエル「しししびびびれれれまままススス!!!!!!」
ザビエル「ここは大友宗麟さんのしろでス。宗麟さんも友達でス!!」
大友宗麟「ザビエル師!!よく来てくれました!!」
大友宗麟「このしろがきっと千年王国の第一歩になると、そう思います!!」
ザビエル「闇だったり燃えてたりしますけド……やる気は嬉しいでス!!」
ザビエル「ここは細川さんのしろでス。最近引っ越してきたらしいでス!!」
細川忠興「あら……ザビエル……ふふふ……ここは暖かいわね……」
細川忠興「タンバは寒かったから……でもお茶は上方の方が良かったかな……」
ザビエル「こんどお土産に持ってきますネ!!」
後藤又兵衛「しろといえば籠城の備え。槍は十分に用意しなきゃですね」
種子島時尭「そうかな!?時代は鉄砲だよ!!鉄砲をたくさん用意しようよ!!」
騎馬の馬之助「あら。この形……石段の手すりにどうかしら??」
種子島時尭「鉄砲を手すりにしないでよ!!」
後藤又兵衛「くっ……不覚!!怪我をしてしまいました……な、長政!?」
黒田長政「又兵衛は馬鹿なんだから……私をかばって怪我するなんて本当に大馬鹿よ……ほら、手当するから……」
大友宗麟「……ぐ、ぐあ~っ!!みちみちっ!!怪我をしてしまいました!!みちみちの手当てが必要です!!ん??これは??」
立花道雪「酔い冷ましの水だ。それを飲んだら説教を行うからな、宗麟」

タイムスタンプを変更しない