'戦国ぶらり旅8' の第13 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

内容備考
すっごい弟子、見つかるかな??
ま、既に八十人もいるんだけどね。弟子。
刀傷は受けたことはないけど、実は料理で……
さ、寒い…もっと着込んでくれば良かったよ……
賊が出ても逃げるだけだよ。体力の無駄だもん。
剣豪には体力も必要!!ということでまだまだ歩くよ!!
技を極めし者同士なら、最後は気合の勝負になるね!!
馬も一緒、鷹も一緒の賑やかな道中だよ
ぎゃ、ぎゃあ~!!木が倒れてきたよ!?
私が剣聖だから、聖夜は私にとってぴったりの行事だよ!!
あ~!!教えまくりた-い!!
目指すは究極の「一つの太刀」!!
ぶらりと旅し、ばさりと斬る!!
新当流……いや、新富流がいいかな??
まずは……戦わずして勝つことを考えよう!!
くりすますつり-に使う樅の木も探さないとね!!
弓矢とはどうも相性が悪いなぁ……
見世物扱いでもいいよ。それで素晴らしさが広まるならね。
二人のママから、別々の流派の剣を学んだんだよ!!
自身の武者修行でもあり、弟子探しでもあり……
……また一羽が眩しがってる……
蓑は……試し斬りにはいいかも……
探してる弟子は雲の林に……そんなわけないか♪
剣術書を読んで、自分の剣を見つめ直してみようかな。
ハクシュン!!どうして樅の木に近付くとクシャミが出るんだろ??
斧は……使ったことないんだよね実は……
そろそろ帰ろうかな。我が故郷へ……
む……この辺に優秀な剣の使い手が隠れてる気がする!!
くりすますは、伝鬼房が雪降らすって言ってたよ♪
島で決闘と見せかけて置き去りに……ふふっ。
もっと私の名を轟かせるよ!!
雪か……雪も斬れちゃったりしないかな??
将軍様にも剣術教えちゃおうかな!!
剣聖なんて仰々しい言い方だよね……
勘助って真面目だよねぇ
……温泉に寄っても良いよね??ちょっとだけ!!
なーんか、噂だけが独り歩きしてる気が……



タイムスタンプを変更しない