'戦国ぶらり旅2' の第13 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

内容備考
わたしが官兵衛の覇業を影で支えよう。
目的地はあれど、気ままに往きたいな。
どうやら一波乱ありそうだな、この地では。
ほぅ、良い織物だ。土産にしようか??
今後、戦も商も情報こそ命の世となる。
色々と昔話をして歩くが良いかな??
これで商いを行えば富が得られるか??
わたしが思うに官兵衛は天下の器がある。
今日は誰と出会い、なにを見るかな??
世は未だ乱世、播磨とて例外ではない。
わたしの母も、こうやって諸国を歩いたのだ。
官兵衛に会った事は??良い娘だぞ。
官兵衛は話にのめり込む悪癖があるのだ。
ほぅ、南蛮の武器か??珍しいものだな。
ああ、心地よい風だ、清々しい気分になる。
歩き疲れたが家伝の膏薬があるのでな。
黒田家が扱っている目薬は玲珠膏と言う。
そうそう、わたしは備前福岡で生まれたんだ。
備前福岡の名を黒田家は忘れられんさ。
黒田の家ははてさて、どうなる事やら。
旅路は長い。焦る事もあるまい。
母重隆は備前福岡で商いし、播磨に移った。
休夢の立てた茶が飲みたくなってきたよ。
日も暮れはじめたか、宿を取るとしよう。
家伝の目薬玲珠膏を母は売り歩いたのだ。
こうやって歩くと口数も多くなるものだな。
わたし自ら行脚し、諸国の情報をな。
官兵衛も松寿丸まだまだ若いからな。
戦乱は未だ終わる兆しが無いものだ……
官兵衛を褒めるのは親の贔屓目かな??

ページトップへ


タイムスタンプを変更しない