'用語集' の第1 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

  • マラソン
     主に行動兵力を消費して任意に進めるイベント。条件を満たすとSSRが報酬として貰える。桃を食べながらペース配分しましょう。
  • 大乱
     武将姫大乱系イベントの事。いわゆるギルド戦、その1。デッキの強さとギルドのアクティブ率が重要になる。
  • 関ヶ原
     セキガハラ大決戦系イベントの事。いわゆるギルド戦、その2。大乱よりランダム要素と戦略性が高く、ギルドの統率が求められる。
  • 攻城戦
     第1回攻城大合戦系イベントの事。いわゆるギルド戦、その。大乱が進化版で技能という特殊能力が追加され、野戦と攻城戦と二度バトルを行う。一部の技能がバランスを崩している。
     基本ルールは大乱と同じだが、BPが追加されバトルでは戦術と兵力の消費はせず、代わりにBPが消費される。大乱の時と異なり、BPはアイテムが回復することができる。
  • 小早川
     関ヶ原でギルドの作戦をぶち壊して敗因を作ったプレイヤーの事。由来は勿論、関ヶ原の戦いの裏切り者・小早川秀秋から。
  • 立志伝
     みの吉立志伝系イベントの事。専用のアイテムの他、剣術書などの財を消費して育成し、お返しを貰う。
  • ハッスル
     東海道五十三次系イベントのこと。行兵力を消費して進めるイベントであり、広義にはマラソンに含められるが、専用クエストがないことや、実際の土地を反映した台詞がクエストを進めるごとに見られること、宿場町に到着すると両、ガチャPを消費してイベントを見たり財カードを得られる点、ハッスルドリンクで疲労度が変化するなどと異なる。
    また、1周すると報酬もらえる、「祝儀袋」からR~SRのイベント限定カードを得ることも出来る。「特産物」などでもコンプ達成で報酬も得る。
  • 大宴会
     宗麟の大宴会系イベントのこと。五十三次系イベントと似ているが、クエスト(依頼)をプレイヤー自身が選択して任意に進めることが出来ること、クエストの中に選択肢が存在し、それによって得られるポイントが異なると言った相違点がある(選択肢については後述の南蛮寺も同様)。
    依頼はメインとサブに分かれ、サブ依頼は何度でも受けられることから、欲しい報酬のものを集中的に選ぶというやり方もある。
  • 南蛮寺
     クリスマスの奇蹟でプレイヤーがSRザビエルと過ごした場所、又はこのイベント自体。
     入手したハートピースが5秒後には奪われているような修羅のイベントだったが、
     ザビエルといちゃいちゃ出来る事が好評だったらしく、一部のプレイヤーは未だに南蛮寺へ帰りたがっている模様。
  • 春日山城・躑躅ヶ崎館
     上記の南蛮寺と同じ方式のイベント、戦国バレンタインでプレイヤーが過ごした場所。
     春日山城がSSR[一睡の夢]上杉謙信-雪天龍-で、躑躅ヶ崎(つつじがさきやかた)がSSR[風流紅粉]武田信玄-赫灼虎-となっている。
     こちらも大変好評であり、イベント終了直後には春日山城や躑躅ヶ崎館に帰りたいというプレイヤーが後を絶たなかった。
  • ピースイベント
     上記の南蛮寺や春日山城などと同様に、クエストやバトルでハートピースを集め、それを使ってノベルを読み進めていく形式で進むイベントの総称。真田助学園で子作り、黒田の双つ牢では親子丼と頼れるあの人の暴挙の結果、「これなんて言うエロゲ?」と昔はエロゲイベントと呼ばれていたが、現在ではイチャイチャ度が薄くなり、ピースの奪い合うので現在ではこのような呼び方をされている。一時は報酬でボイスを貰えたこともあったが、最近ではボイスは実装されていない。
  • ポケマサ
     武将姫列伝式のイベントを差す。バトルシーンがまんまポケモンを彷彿とすることやイベント名のアドレスが「pokemsasa」であったことが由来だが、天頂戦系のイベントとなっている。
  • 天頂戦
     天頂戦~桜花の頂~式のイベントの事。ポケマサに技能を追加し、信条技にも変更がある。戦場を行くのにチケットが必要なことと時間制限がある。強いカードがあれば有利に見えるが、バトル中に回復する事ができない事やチケットはログイン時にしかもらえないので桃を惜しまなければ無課金でもランキングを狙うこともできる。
  •  ログインすごろく
     2013年6月27日のメンテナンス後に実装された新しいログインボーナス。ランダムでサイコロが振られ、その目だけ進むと目に応じたボーナスが貰える。35マス進んだ先はカードが、その後10マスごとに最大4枚のカードを獲得できる。獲得できるカードはおおよそ4週間ごとに入れ替わり、招奇屋みの吉-蓑替-弟子咲姫-桃風-小田氏治-強鳳-森蘭丸-紅蕾-梵天丸-学竜-風魔小太郎-落忍-佐吉大僧正の伯耆坊掛川城入れ替わっている。名前の由来はアドレスから。現在はサイコロの目が1~3までしかないのが新規に分かり難かったか、サイコロではなくなっている。(2016年8月現在)
     mixi版では招奇屋の前に入手手段の無かった鍋島直茂-杏葉-が配布されている。
  • 投票・選挙
     戦国総選挙戦国握手会戦国昇格トーナメントなどの武将人気投票イベント。上位に入賞した武将はSRSSRに昇格して再登場する。トーナメントの形式になってからは伊助に合計2万票を投じる豪の者も現れ、それからは万単位の票を集めなければ勝ちは厳しい状況に。現在は装具での絵柄変化を賭けて戦う戦国嫁変化決選!!という投票イベントもある。
  •  一騎当千
     戦国一騎当千系のイベント。一騎当千と無差別の戦場があり、デッキを組んで他プレイヤーと戦い、実績を解除することとランキングで報酬がもらえる。実績解除は勝つことだけではなく、勝敗を問わず戦闘した回数の実績、負けた相手に反撃することで解除されるものがあるので大将をみにみにに設定、あえて挑戦を受け敗北を求めるプレイヤーも多い。
     一騎当千モードで1.5倍、全力攻撃で1.5倍となるのでデッキが強くなくてもある程度の上の相手には勝つ事はできる仕様となっている。

タイムスタンプを変更しない