'戦国三つ巴決戦8' の第5 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

結果
1日目宗麟「この大友の敗北は準備不足によるものです……」
道雪「確かに砲弾の準備が甘かったと言わざるを得ない……」
宗麟「違います!!お酒です!!お酒があれば負けた時に飲んで忘れられます!!」
道雪「……宗麟、正座」
2日目宗麟「負けてしまいました……所でみちみち……秘策があると聞きました!!」
道雪「南蛮の城攻めでは砲弾に代わり、牛や人の死体を城内に放り込み、疫病を流行らせたと聞く」
宗麟「あの……みちみ、道雪……もう一つ聞きたい事としては……何故私が縛られているのかと!!」
道雪「酒ばかり飲んでるダメ主君は敵陣に放り込んでやろうと思ってな……」
3日目
4日目宗麟「これより大友家の軍議を執り行います……課題は今回の敗北に関してです」
ギン千代「効果的に国崩しを発動できなかった事が原因だと思うが……」
宗麟「子供ながらに見事なもの……流石はみちみちの娘……みちみち、何か発言は??」
道雪「いいから、酒盃を置け……それから正座」
5日目宗麟「終盤での貴重な勝利!!大友家に栄光が灯りました!!」
宗茂「はいっ!!正に夏のおひさまの様な……栄光です!!」
宗麟「みちみち、これは飲むしかありませんよ!!おもいっきり……」
ギン千代「お母様……まさに雷雲を伴って現れましたね……」
6日目宗麟「この最終日の敗北は実に悲しい事……ですが、英気を養うために御馳走を食べてください!!」
道雪「敗北を悲しむよりも未来の勝利とは……先を見据えての事とは主君たる鏡だな……」
宗麟「さぁ!!呑めや歌えの大さわぎです!!」
道雪「ちょっと待て……飲み食いしたいだけか、これは……だが、今日くらいは良いか」

タイムスタンプを変更しない