'一乗谷の肝試し' の第5 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

1周目
左上右上
みの吉
「肝試し、やるしかですよ!!」
みの吉
「度胸をみせないとですね」
みの吉
「忍び寄る影ですよ!!」
真中
みの吉
「生暖かい風が……」
みの吉
「どこからともなく声が……」
みの吉
「休憩にしましょう!!休憩に!!」
左下右下
みの吉
「ほどほどに恐ろしいのがいいですよ!!」
みの吉
「本当に怖いのは人間!!というやつですよ!!」
みの吉
「ひとだま!!見たことがありますよ!!」


2周目
左上右上
門弟
「……(……前を行く人の袖をつかんでいる……)」
門弟
「……(……何度も振り向いている……警戒しているようだ!!)」
門弟
「……(……慌てている……何か見ちゃったようだ!!)」
真中
門弟
「……(……鼻歌を歌っている……から元気のようだ……)」
門弟
「……(……ぐっずを用意している……今回は驚かす側のようだ!!)」
門弟
「……(……首をかしげている……普通に迷ったようだ……)」
左下右下
&門弟
「……(……きりかぶに座っている……待機中のようだ……)」
門弟
「(……(……ひとだまを追いかけている……捕まえるつもりのようだ!!))」
門弟
「……(……一人で話している……何か見えているのだろうか……??)」


3周目
左上右上
咲姫
「肝試しは夏の風物詩じゃの!!」
咲姫
「逃げた方が良いのかの??」
咲姫
「なかなかよくできた化け物じゃったの!!」
真中
咲姫
「怪奇現象は苦手なのじゃが」
咲姫
「たまにはびっくりするのも良いものじゃの」
咲姫
「ひゃっ!!……おどろかすでない!!」
左下右下
咲姫
「お化けからは逃げるが勝ちじゃの」
咲姫
「今度は驚かせてやるぞ!!」
咲姫
「夏の夜は短いのう……」

タイムスタンプを変更しない